中野ボードゲームハウス

中野区に新たにオープン予定!! ボードゲームを楽しめるプレイスペースの公式ブログです

ボードゲーム好きにオススメの映画

最近、流行りつつあるボードゲーム

そんなボードゲームを題材にした

おすすめアナログゲーム映画をまとめました。

 

 

1996年公開、ロビン・ウィリアムズ主演のファミリーファンタジー映画『ジュマンジ』は子供を中心に大人気を博しました。公開から約20年たった今も人気です。

店長も最近見直しました笑

面白い映画はふと繰り返し観たくなってしまいます。何度も何度も。

あらすじも覚えてるのに、この謎の現象はなんなのでしょうか笑

 

ジュマンジ (字幕版)

クリス・ヴァン・オールズバーグの絵本を『遠い空のむこうに』『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』などで有名なジョー・ジョンストンが監督が映画化した『ジュマンジ』。主演は『ガープの世界』『いまを生きる』『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』など数多くの名作に出演したロビン・ウィリアムズでした。

「ジュマンジ」の画像検索結果

ジャングルをテーマにした不思議なボードゲームの物語です。日本では1996年に公開、子供を中心に多くの人が劇場へと足を運び、大人気を博しました。2005年『ジュマンジ』と同じ原作者の絵本『ザスーラ』(宇宙をテーマにしたボードゲームの物語)が映画化されました。

映画『ジュマンジ』あらすじ

ジャングルをテーマにしたボードゲームについての物語で、プレイヤーの姉弟がゲームをしていると、プレイヤーのもとに本物の動物たちが魔法のように現れる。
同名絵本を原作として製作されたアドベンチャー・ファンタジー映画。
原作は幼い姉弟の物語だったが、映画はアラン少年が主人公で、父と息子の絆がストーリーの主軸になっており、スキー事故で亡くなったジュディとピーターの両親をタイムパラドックスで取り戻すことにより、伏線を回収している。
現実に起きるさまざまな現象や動物は、CG、アニマトロニクス、ミニチュアを駆使して製作された。当時において最先端の技術であった3DCGをふんだんに使うことで、本作品は注目された。
また、ジョナサン・ハイドがアランを愛する父親と、アランを執拗に追うハンターの二役を演じている。
「ジュマンジ」の画像検索結果

 

トーリー

1869年、深夜の森を馬車に乗って進む2人の少年たち。なぜか怯えた様子の彼らは、持っていた木箱を地面に掘った穴に埋めて立ち去った……。
それから100年後の1969年、大規模な製靴工場を経営し、町の名士でもあるサミュエル・アラン・パリッシュの息子アラン・パリッシュは、厳格な父親に反感を抱いていた。ある日、いじめっ子にいじめられた彼は工場の近くにある工事現場で太鼓のような音を聞き、土の中から古い木箱を掘り出した。中には「ジュマンジ」という名のボードゲームが入っていて、興味本位で友達の少女・サラと共にゲームを始めてみると、次々と不思議なことが起きた。
このゲームは、サイコロを振った結果が実際に生じる魔法のゲームだったのだ。一旦ゲームを始めれば、誰かがゴールして「ジュマンジ」と唱えるまで、奇想天外な現象は止まることはない。そしてアランはサイコロを振った結果、5か8の目が出るまでゲームの中のジャングルに閉じ込められてしまう。
26年後の1995年。かつてアランが住んでいたパリッシュ邸に、ジュディとピーターという姉弟が引っ越してきた。彼らは両親を亡くして心を閉ざしていたが、ある時屋根裏部屋で不思議な太鼓の音がするボードを発見する。開けてみるとそれは「ジュマンジ」と書かれたゲーム盤だった。
ゲームを始めた2人は、「巨大な蚊」や「イタズラ好きな猿」「ライオン」をゲーム盤から召喚してしまう。その際、サイコロの5の目を出したことから、26年ぶりに大人になったアランがジャングルから呼び戻される。ジュマンジをクリアするには、26年前のプレイヤーであるアランとサラを加えて、4人でゲームを進める必要があったのだ。
しかし、屋敷は「巨大な食虫植物」が生い茂り、アランを執拗に付け狙う冷酷非情なハンター「ヴァン・ペルト」が現れたり、動物たちが暴走したり、洪水になってワニに襲われたりと、様々な試練が4人に襲いかかり、街は大パニックになる。その後も、ピーターが猿化したり、床が沈みこんだり、巨大クモの集団に襲われたりと、ゲームは過激さを増していく。
巨大地震で屋敷が倒壊する中、ヴァン・ペルトに銃を突きつけられたアランは、手に握ったサイコロを落とす。そのサイコロの目によりゴールに到達したアランが「ジュマンジ」と唱えたことで、これまで召喚したヴァン・ペルトや全ての動物たちが、ゲーム盤に吸い込まれるのであった。
気が付くと、アランとサラは26年前の子供時代に戻っていた。アランは未来で亡くなっていた父親と再会を果たして謝罪し、親子の絆を再確認する。そして、「ジュマンジ」を大量の重りでくくりつけて川へ流し、次第に大人だった頃の記憶が薄れゆく中、アランとサラはキスを交わす。
それから26年後、アランとサラは結婚し、順調に父親から継いだ会社経営をしていた。クリスマスパーティーを開いた2人は、アランの会社に就職するジュディ達の両親と共にパーティーに出席した、ジュマンジを知らないジュディとピーターの2人と再会を果たす。アラン達は、スキー旅行に行こうとするジュディ達の両親を引き止めて未来を変え、2人を温かく迎え入れた。
そして、とある海岸では2人の少女が太鼓のような音を聞きながら砂浜を歩いていた。その先の砂に埋められていたのは、あの「ジュマンジ」だった……。
「ジュマンジ」の画像検索結果

 

キャスト

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
VHS・旧盤DVD 新盤DVDBD フジテレビ テレビ朝日
アラン・パリッシュ ロビン・ウィリアムズ 江原正士
サミュエル・アラン・パリッシュ ジョナサン・ハイド 小川真司 阪脩 中村正
ヴァン・ペルト 緒方賢一
ジュディ・シェパード キルスティン・ダンスト 藤枝成子 川上とも子 水谷優子 米丘ゆり
ピーター・シェパード ブラッドリー・ピアース 矢島晶子 かないみか 矢島晶子 進藤一宏
サラ・ウィットル ボニー・ハント 塩田朋子 小林優子 土井美加 佐々木優子
ノラ・シェパード ビビ・ニューワース 小宮和枝 日野由利加 弥永和子 渡辺美佐
カール・ベントレー デヴィッド・アラン・グリア 後藤敦 高木渉 屋良有作 石田圭祐
キャロル・アン・パリッシュ パトリシア・クラークソン さとうあい 佐藤しのぶ 一城みゆ希
少年時代のアラン アダム・ハン=バード 亀井芳子 浅野まゆみ 坂本千夏 佐藤史紀
少女時代のサラ ローラ・ベル・バンディ 紗ゆり 小島幸子 渕崎ゆり子 伊藤実華
ジム・シェパード マルコム・スチュワート 成田剣 田原アルノ 小島敏彦 田原アルノ
マーサ・シェパード アナベル・カーシャウ 秋元千賀子 佐藤しのぶ 金野恵子  
駆除業者 ジェームズ・ハンディ 上田敏也 白熊寛嗣 中庸助 峰恵研
バム ロイド・ベリー 小島敏彦 廣田行生 小島敏彦 益富信孝
トーマス夫人 ギリアン・バーバー 秋元千賀子 田村聖子 竹口安芸子 定岡小百合
ベンジャミン ブランドン・オブレィ 石塚理恵   亀井芳子  
ケイレブ サイラス・ティーディーク 鳥海勝美 栗山浩一 浪川大輔  
ビリー・ジェサップ ガリー・ジョセフ・トールップ 小宮和枝 田村聖子 くまいもとこ  
動物の声 フランク・ウェルカー

 

店長の感想

すごろくボードゲームといえばこれです。幼いころにテレビで観て衝撃を受けたのを覚えています。海外のすごろくゲームって、見た目が日本のすごろくゲーム(人生ゲーム)とかと違っていて海外っぽいんですよね笑 日本だと子供向けの彩度が高い原色が玩具には多く使われている印象なのですが、海外は違う。色調が暗いし、重厚感があります。子供心ながらその見た目の違いもあってすごくドキドキしました。
「ジュマンジ」の画像検索結果

 

マジか!続編公開決定!

2017年クリスマス映画として「ジュマンジ」の続編がアメリカで公開されることが発表されました!

映画『ジュマンジ』の新作タイトルは『ジュマンジ:ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル(原題) / Jumanji: Welcome to the Jungle』(日本語訳:ジャングルへようこそ)に決まったと、米ラスベガスのシネマコンで発表された。

出典「ジュマンジ」新作の詳細を発表 不思議なビデオゲームに進化 - ライブドアニュース

 

今回の新作は「リブート」ではなく「前作に続く物語」だといい、“不思議なボードゲーム”は“不思議なビデオゲーム”に若干進化を遂げている。

物語は、居残りで学校の地下室の掃除をさせられていた高校生4人が「ジュマンジ」という名のソフトが入った古いビデオゲーム機を見つけてしまうところからスタート。

それぞれプレイするキャラクターを選択するや、自分がそのキャラクターの体で実際にジャングルに居ることに気付き……。オタク高校生がドウェイン・ジョンソンの体に、高校の人気者の女子はジャック・ブラックの体になってしまうといい、ドウェインのオタク演技&ジャックのキュートな女子高生演技に笑わされることになりそうだ。

超うれしい!

待望のリブート作品、映画『ジュマンジ・ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル(原題)』の気になる公開日ですが、全米では2017年12月20日公開。現在(2017年5月時点)のところ、日本公開日は決定していないそうです(´・ω・`)

現在の技術でアップデートされた『ジュマンジ』に期待ですね!

 

 

ジュマンジときたらこれです笑 

ザスーラ』(Zathura: A Space Adventure)は、2005年のアメリカ合衆国のファンタジー映画。ボードゲームで起こったことが実際の現実世界でも起きてしまうという内容で話題を呼んだ『ジュマンジ』や『急行「北極号」』の作者クリス・ヴァン・オールズバーグの同名絵本が原作です。

 

ザスーラ [Blu-ray]

 

宇宙をテーマにした不思議なボードゲームの物語です。2005年のアメリカ映画、兄弟がザスーラというゲームを始めたことで宇宙へと飛び出す。監督は「アイアンマン」のジョン・ファブロー、出演は「センター・オブ・ジ・アース」のジョシュ・ハッチャーソン

映画『ザスーラ』あらすじ

兄弟のウォルターとダニーはいつも喧嘩ばかり。ある日、ダニーはウォルターを怒らせてしまい、地下室へ閉じこめられてしまうが、ダニーはそこでザスーラという古いボードゲームを見つける。ダニーがゲームを始めると、「流星群、急いで回避せよ」と書かれたカードがゲーム盤から出てきて、その内容通りに隕石が次々と降って来てしまう。
姉のリサに助けを求めるも取り合ってもらえない。ゲームをやめようと思った二人だったが、外を見てみると、いつの間にか家ごと宇宙に浮いていたのだ。ウォルターとダニーは無事に地球に戻ることができるのか?
「ザスーラ」の画像検索結果

 

トーリー

ウォルターとダニーはいつもケンカばかりしていた。今日は父親を取り合って大ゲンカの末父親の仕事を台無しにしてしまった。それでもケンカを止めない二人にもっと大人になれと怒られてしまう。父親が仕事のために出掛けるとまたケンカが始まってしまった。弟のダニーはいつものかくれ場所に潜んでいるがウォルターに見つかり地下へと下ろされてしまう。そこでダニーはほこりまみれの箱を見つける、それには“ZATHURA”と書かれていた。箱を開けてみると中からブリキでできたボードゲームがでてきた、早速ウォルターにやってみようと誘ってみるが断られてしまう。不貞腐れてねじを回すと宇宙船のコマが動いてカードが出て来た。

カードには何か書いてあるが6歳のダニーには読めない。兄のウォルターに頼んで読んでもらうと“流星群 急いで回避せよ”と書いてあった。何のことだろうと二人で考えていると天井から何かが降ってきた。流星群だ!逃げろ!二人は部屋中に降り注ぐ流星群を暖炉に避難して何とかしのいだ。ようやく止まったとホッとする2人の前に突然巨大な隕石が落ちて来た!おそるおそる天井に開いた穴から外を見ると満天の星空が広がっていた。

流星群はリビングにしか降っていないことに気がついた二人は玄関のドアを開けてみた。すると二人は思いもしない光景に固まってしまう。目の前に土星があった、家は土星の輪の中に浮いていたのだった…
関連画像

 

キャスト

役名 俳優 日本語吹き替え
劇場公開版 日本テレビ
ウォルター・バドウィング ジョシュ・ハッチャーソン 千葉皓敬 鵜澤正太郎
ダニー・バドウィング ジョナ・ボボ 海鋒拓也 本城雄太郎
宇宙飛行士(未来のウォルター・バドウィング) ダックス・シェパード 咲野俊介 千葉一伸
リサ・バドウィング クリステン・スチュワート 山岸愛梨 平野綾
バドウィングさん(パパ) ティム・ロビンス 井上和彦 大塚芳忠
ロボットの声 フランク・オズ 青山穣 世界のナベアツ(ジャリズム)

店長の感想

ジュマンジの続編といえばこれです。やっぱり海外のすごろくボードゲームはかっこいいですね。私にもお兄ちゃんがいるのですが、兄妹げんかよくやってました。お母さんにお兄ちゃんと私どっちが好きかめっちゃ何度も聞いていました笑 お母さんは当然どちらも好きといいますよね。困らせてしまいましたね。懐かしいです。幼いころはすべてのストレスのはけ口が家族や家庭にしかない狭い世界で生きているから、喧嘩する相手がお兄ちゃんしかいなかったんだと思います笑
今となってはいい思い出の、兄弟げんかをテーマとした映画です。
 
最後はチェスを題材にした映画を紹介します

ボビー・フィッシャーを探して』(ボビー・フィッシャーをさがして、原題:Searching for Bobby Fischer)は、1993年のアメリカ映画。実在の天才少年チェスプレイヤーのジョシュ・ウェイツキンの父親フレッドが、ジョシュの生活を綴った本の映画化。感動の映画ベスト100の一つ。
2014年に、フレッド・ウェイツキンによる原作本の邦訳『ボビー・フィッシャーを探して』(若島正訳)がみすず書房から刊行された。

 

ボビー・フィッシャーを探して [DVD]

実在の天才少年チェスプレイヤーのジョシュ・ウェイツキンテーマにしたお話しです。7歳のジョシュ・ウェイツキンは、心の優しい野球好きな少年だったが、公園で男たちが競うストリート・チェスを見て、チェスの魅力に取りつかれた。ジョシュの並外れた才能に気づいた父親のフレッドは、かつてチェスの名手として世に知られたブルース・パンドルフィー二にコーチを依頼した。

「ボビー・フィッシャーを探して」の画像検索結果

ボビー・フィッシャーとは、1970年代に米国人として初めてチェスの世界チャンピオンになった伝説的な天才である。奇行を繰り返し、1980年代から長く行方不明となっていたが、人々は彼を忘れていなかった。
7歳のジョシュ・ウェイツキンは、心の優しい野球好きな少年だったが、公園で男たちが競うストリート・チェスを見て、チェスの魅力に取りつかれた。ジョシュの並外れた才能に気づいた父親のフレッドは、かつてチェスの名手として世に知られたブルース・パンドルフィー二にコーチを依頼した。
「ボビー・フィッシャーを探して」の画像検索結果

トーリー

ブルースはジョシュの中に、ボビー・フィッシャーと同じ才能を感じて、コーチを引き受けた。だが、チェスに没頭し、トップを競う日々は生活力を失わせ、人生を狂わせる危険性を孕んでいた。ブルースは、ジョシュが負け犬になることを恐れて、ボビー・フィッシャーのように芸術的なチェスの高みを目指させ、荒っぽいストリート・チェスの手法を禁じようとした。
ジョシュは父に連れられて国内各地のジュニア・トーナメントに出向き、連勝を重ねて行った。だが、心優しいジョシュは、対戦相手を敵として憎むことができなかった。やがて強力なライバルが現れると、ジョシュはその存在に怯えて集中を欠き、はるかに格下の相手にまで敗退してしまった。
ライバルに勝てずに苦しむジョシュを見て、母親のボニーは夫フレッドを責めた。反省し、ジョシュにチェスを止めてもいいと話すフレッド。だが、ジョシュは諦めていなかった。一度は仲違いしたコーチのブルースとも和解して、ジョシュは穏やかな心で全国大会に臨み、優勝を果たした。
「ボビー・フィッシャーを探して」の画像検索結果

 

キャスト

店長の感想

チェスの名作ヒューマン映画といえばこれです。子供と両親、そしてコーチや友達と主人公の関係性が1時間の映画の中でとても魅力的に描かれています。母親がとにかくかっこいいい笑 子供を心から愛し、主人公の周りで暴走しがちな夫やコーチに的を得た発言で主人公を守ろうとするその頭の良さと毅然とした態度はとても尊敬してしまいます。そんな愛に溢れた母親の元で育った主人公はとても優しいです。
マインドスポーツでもあるチェスと人間をテーマとした映画です。
 「ボビー・フィッシャーを探して」の画像検索結果
以上、ボードゲームを題材にした映画の紹介でした。

ジュマンジのリブート編が日本でも公開されたら記事を更新したいと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

ボビー・フィッシャーを探して

ボビー・フィッシャーを探して